« リスさん in 井の頭公園 | トップページ | カピバラさん in 上野動物園 »

2006年12月 5日 (火)

アジアゾウ in 井の頭公園

こちらはアジアゾウのハナ子さん。

Hanako1 

戦後初めて日本にきたアジアゾウです。

しかし、

ひとり海を越えてやってきたハナ子さんは、過度のストレスのため、

上野動物園から井の頭自然文化園にやってきて2年後の昭和56年、

酔って深夜のゾウ舎に入り込んだ男性を踏み殺し、

そして60年には飼育員を

不幸にも死なせてしまう事件をおこしてしまったのです。

殺人ゾウと呼ばれ、鎖につながれたハナ子さんは、

やせ細り、心を病んでしまったようです。

しかしその後、ハナ子さんは、

ベテラン飼育員の山川清蔵さんと出会い、

清蔵さんの心からの愛情に触れ、徐々に回復してゆくことができたそうです。

その様子を、清蔵さんの後を継いでハナ子さんの飼育員を務められた

息子さんの山川宏治さんが「父が愛したゾウのはな子」として

本にまとめられたそうです。

早速、読んでみたいと思っています。

ともあれ、私がハナ子さんに会いに行った時、

59歳のハナ子さん。元気そうでした(*^▽^*)。

Hanako_1

すでに歯は一本しかないそうですが、

飼育員の方々特製のジュースや、細かく切ったエサなどを食べているそうです。

眺めていたら、とても近くまで来てくれました。

Hanako2

思慮深い目が印象的でした。

|

« リスさん in 井の頭公園 | トップページ | カピバラさん in 上野動物園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リスさん in 井の頭公園 | トップページ | カピバラさん in 上野動物園 »