2006年4月22日 (土)

お買い物 in ケアンズ

ケアンズは日本から近い(オーストラリアの中では)ので

もしかして第二のハワイを目指してるの?っていうくらい

日本人観光客向けのサービスが充実。

レストランのメニューだって、日本語版があるし、Kawasemi

道に置かれている看板だって、日本語がいっぱいだし、

大抵のお土産屋さんには日本人スタッフが何人もいたし。

ただ、売り込みが過剰なお土産屋さんもいくつかあった。

ちょっと話を聞いたら、こいつは鴨!と言わんばかりの売り込み攻勢・・・。

はぁ・・・(-_-)もちろん、買いません、そういうお店では。


そんなことが数回あり、さすがにちょっと用心深くなりました。



とある日、私はラブリーなアクセサリー屋さんを見つけました。

そこは珍しく日本人スタッフのいない、珊瑚のアクセサリー屋さん。

店先には”珊瑚のかけら”で作られたチープなブレスレットがいっぱい。

2つで5ドル!

色とりどり、きれいなのがたっくさんあったので

♪ルンルン♪

他のお客さんにまじって組み合わせをいろいろ研究・・・


すると・・・

「あら、あなた、その組み合わせすっごく綺麗よ!」

・・・むむ?英語でだけど、私に言ってる?

声の主は白人の女性。

私と目が合うと、その女性は大きく頷き

「それ、あなたにすっごく似合ってる!買うべきよ!!」

とのたまう・・・。

・・・あぁ、お店の人か・・・

私は気のない表情で返事をして、試着を続けた。

・・・まだ選んでるんだもん。どうぞおかまいなく・・・

やがて私は自分の気に入ったものを購入(*^-^*)し、お店を出た。

そして私がお店脇の歩道でみたのものは・・・



先ほどの女性が、ご家族であろう人々と、ソフトクリームを食べている姿・・・

ぐわぁぁぁぁん/(☆!☆)\

お店の人じゃなかったのねーっっっ(;_;)

実は私が買ったのは、その女性が「似合うわよ」って

言ってくれた組み合わせだったのよー(T_T)

とほほ・・・Sango

せっかく声をかけてくれたのに・・・

ごめんなさいm(_ _)m



映画と本のエッセイ Lala la Lifeにも遊びに来てね。

| | コメント (4)