2006年12月 5日 (火)

アジアゾウ in 井の頭公園

こちらはアジアゾウのハナ子さん。

Hanako1 

戦後初めて日本にきたアジアゾウです。

しかし、

ひとり海を越えてやってきたハナ子さんは、過度のストレスのため、

上野動物園から井の頭自然文化園にやってきて2年後の昭和56年、

酔って深夜のゾウ舎に入り込んだ男性を踏み殺し、

そして60年には飼育員を

不幸にも死なせてしまう事件をおこしてしまったのです。

殺人ゾウと呼ばれ、鎖につながれたハナ子さんは、

やせ細り、心を病んでしまったようです。

しかしその後、ハナ子さんは、

ベテラン飼育員の山川清蔵さんと出会い、

清蔵さんの心からの愛情に触れ、徐々に回復してゆくことができたそうです。

その様子を、清蔵さんの後を継いでハナ子さんの飼育員を務められた

息子さんの山川宏治さんが「父が愛したゾウのはな子」として

本にまとめられたそうです。

早速、読んでみたいと思っています。

ともあれ、私がハナ子さんに会いに行った時、

59歳のハナ子さん。元気そうでした(*^▽^*)。

Hanako_1

すでに歯は一本しかないそうですが、

飼育員の方々特製のジュースや、細かく切ったエサなどを食べているそうです。

眺めていたら、とても近くまで来てくれました。

Hanako2

思慮深い目が印象的でした。

| | コメント (0)

2006年12月 4日 (月)

リスさん in 井の頭公園

井の頭公園の井の頭自然文化園。

思えば小学校低学年の社会科見学で訪れて以来です。

なんとなく懐かしかったのは、そのせいかもしれません。

こちらには「リスの小径」というニホンリスさんとの触れ合いコーナーがあります。

リスさんが駆け回るエリアの歩道を

私たちは通り抜けることができるのです。

歩道で静かにしゃがんでいると

リスさんが近くまで寄ってきます。

Risu1

人なつっこい子が足下にやってきて、

後ろ足で立ち上がり、そっと前足で私の服をつかんで

カミカミカミカミ・・・・

でも、大丈夫。穴があくほど強くは噛みませんから(*^_^*)。

写真を撮りたいけど、

その動きのすばしっこいこと。

残念ながら、ほとんどの写真はブレブレ・・・

上手く撮れませんでした(^。^ ;) 

また今度、シャッター速度なども研究して、

再チャレンジ!したいと思います。

Risu2

この子は、とりわけ積極的。

「何か」を期待する表情。

でもね、な~んにもあげられないのよ(#^_^#)。

| | コメント (2)

2006年12月 3日 (日)

紅葉2 in 井の頭公園

動物ネタも早く載せたいけど

でもやっぱり、季節ものを先に。

200612026

色が混じり合っているところが、優しい雰囲気。

200612027

井の頭公園には、背の高い木々が多いように思います。

蒼い空に映える、メタセコイヤ。

2006120210

秋の日は短いので、

あっという間に藤城清治の世界に。

200612023

刻一刻と、風景が変わります。

200612028

| | コメント (2)

2006年12月 2日 (土)

紅葉 in 井の頭公園

しばらくお休みしちゃいましたが、再始動(o⌒∇⌒o) 。

井の頭公園に行ってきました。

毎週電車の中から、その色合いをチェックしてはいました。

そして今日は、習い事の時間が早かったので

レッスン終了後、訪ねてみました。

10月の終わり頃にいったときはこんな感じ

こちらが今回。

200612025

風もなく、穏やかな晴天。

200612021_1

見事な紅葉。

200612022_1

色が移り変わっている様子に、ため息がでました。

20061202_1

燃えるような

秋の色ですね。

P.S.今回は動物園(井の頭自然文化園)も訪れました。

その様子もまた、アップします(*^▽^*)。

| | コメント (2)

2006年10月27日 (金)

井の頭公園

習い事で吉祥寺方面に行ったので、

井の頭公園に寄ってみました。

秋の気配は・・・まだまだな、感じ。

Inogashira1_1

あ、でも日暮れの早さは、ほんとに「秋」を感じさせてくれました。

撮影時間は、夕方4時。

すでに薄暗くなってきてました。

でも、木々はまだまだ緑です。

Inogashira3

わずかにチラリと赤い葉などが見られたりもするけれど・・・。

うーん(^_^ ;)と唸りながらシャッターをきっていたら、

アメリカ人の男性に

「何撮ってるの?」

ときかれ、

「紅葉とか、秋の風景を撮りたかったんだけど、早すぎたわ」

と答えたら、

「そりゃ早いよ。今なら長野とか山のほうに行かないとね。」

・・はい(*^_^*)・・Thank you for the advice(^◇^;) 

なんとなく日本人として、恥ずかしかったのでした。 

| | コメント (2)